花粉のばく露を防ぐ方法(環境省より)

花粉症とは

マスク

マスクの装用は、吸い込む花粉をおよそ3分の1から6分の1に減らし、鼻の症状を軽くする効果があります。花粉飛散前からマスクを着けることで、発症時期を遅らせることが可能です。また、花粉症でない人では、吸い込む花粉の量を少なくすることで、花粉症の発症をおさえることも期待できます。

メガネ

装用に違和感のない花粉症用メガネも販売されていますが、通常のメガネ使用だけでもメガネをしていないときより眼に入る花粉量は減少します。実験では、通常のメガネでも、メガネを使用しない場合の約1/3に抑え、さらに防御カバー付きメガネでは、より花粉の侵入を減らすことができるとの報告があります。花粉が飛散している季節には、コンタクトレンズを使用している方は、コンタクトレンズによる刺激が花粉によるアレルギー性結膜炎を増幅するので、メガネに替えた方がいいと考えられています。

うがいと洗眼

鼻の粘膜には線毛があり、粘膜の上の異物を輸送します。「うがい」は、のどに流れた花粉を除去するのに効果があります。外出から帰ってきたら、うがいをしましょう。また、外出から帰ってきたら「洗顔」して花粉を落とすとよいでしょう。眼を洗うと、花粉症の症状が軽くなることがあります。しかし、逆に眼や鼻のまわりについた花粉がそれぞれ侵入し、かえって症状が悪くなる場合がありますので、注意が必要です。症状がひどくなる場合があれば、専門医に相談してください。

服装

一般的にウール製の衣類などは花粉が付着しやすく、花粉を屋内などに持ち込みやすいので、服装にも気をつけることが必要です。花粉飛散季節中の外出時の服装はウールの衣類は避けたほうがよいでしょう。綿またはポリエステルなどの化学繊維のものには花粉が付着しにくく、付着した花粉を吸い込む量を減らすことが期待されます。人間のからだで花粉が付着しやすいのは露出している頭と顔ですが、帽子をかぶることで頭への花粉の付着量を減らすことは可能です。

室内の換気と掃除

花粉飛散シーズンでもどうしても換気する必要のある時があります。換気時の窓は小さく開け、短時間にとどめることが必要です。窓を全開にして換気をした時の屋内侵入花粉は窓際に多く、3LDKのマンション一戸で、1時間の換気で約1000万個の花粉が屋内に侵入します。開窓を10cm幅程度にして、レースのカーテンをすれば、侵入花粉を約1/4に減らすことができます。侵入した花粉は室内の床やカーテンなどに多数残存していますので、掃除を励行して下さい。


※出典:環境省 花粉症環境保健マニュアル2009

このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited